それからイエスは、エリコにはいって、町をお通りになった。

ここには、ザアカイという人がいたが、彼は取税人のかしらで、金持ちであった。
彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、背が低かったので、群衆のために見ることができなかった。
それで、イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。
ちょうどイエスがそこを通り過ぎようとしておられたからである。
イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。
これを見て、みなは、「あの方は罪人のところに行って客となられた。」と言ってつぶやいた。ところがザアカイは立って、主に言った。
「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」
イエスは、彼に言われた。
「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」

(新約聖書ルカによる福音書19章1〜10節)
この聖書の記事は、ザアカイという、一人の人と救い主イエスキリストの出会いについて語られます。
そして、この記事は、イエスキリストによる救い(福音)をわかりやすく紹介しています。

 

1)ザアカイは取税人(税金取り)でした。

当時のイスラエルの国(聖書の舞台)はローマの支配下の中にあったので、国民から税を徴収しては、その何割かを自分の所有とし、残りをローマの国に納めていました。それを知っているイスラエルの人々にとって、「取税人」というのは悪の固まり、として受け取られていたのです。
町中の人から「罪人呼ばわりされた」とありますから、余程の罪人であったことでしょう。
しかし、彼には「ザアカイ(神にあって聖い人)」と言う名前がついていたのです。
実は、すべての人が「ザアカイ」なのです。
自分では、どうすることも出来ない罪の深みにいる人もいるかもしれません。ぬぐってもぬぐっても消し去ることが出来ない失敗、罪の汚辱があるかわかりません。
しかし、ひとりも洩れることなく、すべての人は、この天地を創られた、真の神様によって造られた尊い存在なのです。
人を造られた神様は又、どんな人も、どんな人生も、新しく造り変えることがお出来になるのです。
「だれでも、キリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った。見よ。すべてが新しくなったのである。」(新約聖書、コリント人への手紙Ⅱ5章17節)と聖書は語っています。

 

2)木に登り、落ちてはならないとザアカイは必死で木の枝を握っていたことでしょう。そのザアカイにイエス様は語られました。
「ザアカイ、降りておいで。」人間には二つの恐怖本能があると言われます。
一つは「人に忘れられること」、もう一つは「人に落とされること」です。
ザアカイは深い孤独を抱えていました。多くのコンプレックスもありました。
それだけに人一倍、上に立とうとする思いが強くあったことでしょう。人に低く見られたくない、馬鹿にされたくない――でも、そうした表面の生活、見栄を張る生活に疲れもあったことでしょう。彼は物を握ることによって心の安定を得ようとしました。しかし、握り続ける生活は疲れるものです。
イエス様は優しく彼に語られました。
「ザアカイ、降りておいで、力まなくていいよ。肩を張らなくていいよ。そのままのあなたを、わたしは受けいれているから安心して降りておいで。」
人間は、いつの間にか、自分で自分を追い込んでしまっているのですね。神様の前に、恥も外聞も重荷もすべておゆだねして、安心して、くつろぎましょう。

 

3)イエス様は語られました。「今日、わたしはあなたの家に泊まることにしてある。」
或る外国人が、親しくしている日本人に問いかけて言いました。
「君が首からぶらさげている、その小さな袋は何だい?」日本人は答えて言いました。「これは僕の守り神なんだよ。」又、外国人が尋ねました。「シャワーする時や、プールに入る時も一緒かい?」、日本人は答えました。「いや、そういう時は外してから入るよ。」その時、外国人は不思議そうに言いました。「じゃあ君が水の中に入る時、君の神様は君と一緒にいることは出来ないんだね、守ってもらえないのだね・・・。」
人間が考え出し、造り出した神には限界があります。それは人間が造ったものだからです。しかし、人間をお造りになった神は、永遠にその人と共にいて下さり、永遠に守り導いて下さるのです。
イエスキリストは全人類の罪と呪いと審きとを、身代わりとなって背負い十字架で死んで下さいました。
それによって、すべての人の罪が赦され、神様の永遠の保護の中に入れて頂けるようになったのです。
三日目によみがえられたイエスキリストは今日も、生きておられます。
あなたの内側に具体的に住んで下さる救い主です。

「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。」
(新約聖書ヨハネの福音書11章25.26節)