あなたがたは今まで、何もわたしの名によって求めたことはありません。求めなさい。そうすれば受けるのです。それはあなたがたの喜びが満ち満ちたものとなるためです。(新約聖書 ヨハネの福音書16章24節)

私は「牧師」になるために、大阪府と奈良県境の生駒山にある聖書学院で学びました。

二年目の夏を迎えた時、経済的な理由から夏休みにアルバイトをすることになりました。

そこで条件を挙げて祈り始めました。

1)外で太陽の光を浴びて思う存分動ける所

2)聖書を学ぶ時間も充分とれる職場

3)奉仕している教会から出来るだけ近い場所

4)働く時間の割には、沢山の給料がもらえる所

5)出来るだけ広く、そして豊かな自然の中で働ける所

どれもこれも、厚かましい程、虫の良い祈りです。

祈っていると、私の思いの中に、一つの遊園地が浮かんで来ました。早速、電話してみると、なんと、「アルバイト学生を募集中!」との事、「面接の期日は○月○日○○時から・・・。」

案内を頂いて、その日、遊園地に出向きました。

 

沢山の学生がぞろぞろと遊園地に入って行きます。その時、私は或る用事を思い出しました。2~3分で用事を済ませ、元の所に戻ると、あれ程、沢山いた学生が一人も居ません。少し進んで行くとガードマンの方に出会いました。

「面接会場は何処ですか?」と尋ねると、「ここを曲がってこう行くと正面に事務所があります!」――教えられた通り行くと成る程、事務所が有りました。入口をノックして、中に入ると驚いたことに、そこには、僅かの学生しかいませんでした。そして、その学生達は、事務所にいる社員の人達と、本当に親しそうに交わっているのです。「あのー、面接に来たのですがぁー?」

声をかけると、奥からひとりの男性が出て来られました。(この方が責任者でした)その方は、不思議そうな顔をして、私に聞かれました。「あのー、何処からおいでになったのですか?ここは、この遊園地の会計を担当している部署で、社員の知り合いの学生しか雇っていないのですがー?」

どうやら、さっきのガードマンの方がまちがって場所を私に教えてしまったようです。(でも、それが幸いしました)

私は戸惑ってしまいました。「どうしよう・・・・。」

その時、その方(責任者)が私に問われました。「履歴書か、何か持っておられますか?」私は持って来た履歴書を差し出しました。

その方は、しばらく、その履歴書を見てからおっしゃいました。

「あなたは聖書の学校に行っているのですね、身元保証人は教会の役員さんのようだし・・・・。今迄、こんな例はありませんでしたが、今回だけは特別です。雇いましょう!」

「ヤッタァー!(心の中は大喜びです)」

破格の条件で雇われたのです。

・午前と午後の2回、券売機から集金すること、

・券売機故障の場内アナウンスがあったら、急行して紙詰まりを除くこと、

この2つの事さえ、しっかりやってくれるならば勤務時間の間、場内の何処にいようが、何をしていようが、全く自由であること(日光浴しようが、聖書を読もうが、すべて自由!!)

そして、もう一つの「ヤッタァー!」は給料が破格に良かったのです!

祈った事柄が、すべて豊かに叶えられたのです!!

素晴らしい夏休みを送ったことは言う迄もありません!

 

聖書の学校を卒業し、幾つかの教会での奉仕を経て、この福岡の地で教会開拓を始めました。

しかし、単独でのスタートでしたから、支援してくれるところも、サポートも全くありません。

働いて家族を養いながらの教会開拓となりました。

 

そんな或る日、近くの営業所の窓に募集案内が出ていました。

「(時間)午前9時から午後5時まで、(時給)◯◯◯円」清掃関係の品を取り扱う会社でした。

何かしら、心惹かれるものを感じましたが、時間も、給与も、私が考えていたものとは全く違います。

でも、(心にある願い)を祈ってみました。

 

「〈時間〉は午前9時から午後1時迄(後の時間を教会の働きに当てるため)〈給与〉はもっと多く!」

「時間は半分で、給与だけはもっと高く!!」

厚かましいのにも、程がある――と思うような(祈り)でした。

でも、家族の養いを思えば、切実なことでした。

 

或る日、その営業所を訪ねました。

フランチャイズの会社の社長さんでしたが、私の願っていることを、じっと聞いて下さいました。

そして、ひと言、おっしゃって下さいました。

「あなたの条件で雇いましょう。」(数十年経った今でも、その社長さんに対する感謝は残っています)

 

物凄く、虫の良い条件で働かせて頂きました。

そればかりか、不思議なことに、私が訪問する家庭から、次々と注文が起き、(労せずして)沢山の契約を頂くことが出来、家計も大きく潤されたのです。

聖書の言葉は(グッドニュース――福音)と言います。

「福音」とは「一方的な恵みの訪れ」のことです。

イエス様の御名前によって祈ってみましょう。

考えられないことが、そこに起きて来ることをあなたも体験することが出来ます。