投稿者: HKC

作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 1.菜の花畠に 入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし 春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて にほひ淡し 2.里わの火影も 森の色も 田中の小路を たどる人も 蛙のなくねも かねの音も さ […]

Read more

イエス様は答えて言われました。 「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます […]

Read more

最近のことです。 或る夕方、疲れをいやそうと、近くにある温泉施設に出かけました。 ひと冬に3回位、行きますが、湯舟に入ったり、出たり、ぼぉーっとしながらも、色々考えが整理出来る至福のひと時です。 しかし、この日は、ちょっ […]

Read more

作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 1.兎追いしかの山   小鮒釣りしかの川   夢は今もめぐりて   忘れがたき故郷 2.如何に在ます父母   恙なしや友がき   雨に風につけても   思い出ずる故郷 3.志をはたして   […]

Read more

それからイエスは、エリコにはいって、町をお通りになった。 ここには、ザアカイという人がいたが、彼は取税人のかしらで、金持ちであった。 彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、背が低かったので、群衆のために見ることができな […]

Read more

1. 燈火ちかく衣縫う母は 春の遊びの楽しさ語る 居並ぶ子どもは指を折りつつ 日数かぞえて喜び勇む 囲炉裏火はとろとろ 外は吹雪 2. 囲炉裏の端に縄なう父は 過ぎしいくさの手柄を語る(過ぎし昔の思い出語る) 居並ぶ子ど […]

Read more

起きよ。光を放て。 あなたの光が来て、主(神)の栄光があなたの上に輝いているからだ。 見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。 しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。 (旧約聖書 […]

Read more

今、日本の国は、ある種の暗いムードに包まれています。 経済の伸び悩みが原因だ、と言われますが、本当の原因は別にあるように思います。 日本人は賢い民族ですから、経済的な事に於いても「失敗しないように、騙されないように、賢く […]

Read more

新年明けましておめでとうございます!!   この新しい年、2019年を、天地万物を造られた神様と共にスタート出来ることは、本当に幸いなことです。   永遠のベストセラーと呼ばれる聖書を通して、「見よ。 […]

Read more