投稿者: HKC

作詞 武島羽衣 作曲 田中穂積 1. 空にさえずる 鳥の声 峯より落つる 滝の音 大波小波 とうとうと 響き絶えせぬ 海の音 聞けや人々 面白き 此の天然の 音楽を 調べ自在に 弾き給う(たもう) 神の御手(おんて)の  […]

Read more

その後、神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。 そこで、人は、生きものとなった。 神である主は、東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った人を置かれた。 (創世記2章7.8節) 神はこの […]

Read more

なぜなら、神について知りうることは、彼らに明らかであるからです。 それは神が明らかにされたのです。 神の目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物(自然界)によって知られ、はっ […]

Read more

私は一つのことを主に願った。 私はそれを求めている。 わたしのいのちの日の限り、主の家に住むことを。 主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。 それは、主が、悩みの日に私を隠れ場に隠し、その幕屋のひそかな […]

Read more

作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 1. 雪のふる夜は  たのしいペチカ ペチカ燃えろよ  お話しましょ むかしむかしよ 燃えろよ ペチカ 2. 雪のふる夜は  たのしいペチカ ペチカ燃えろよ  おもては寒い 栗や栗やと 呼 […]

Read more

さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。 御使いは彼らに言った。 「恐れることはありません。今 […]

Read more

イエス(人類の救い主)が、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、 ~ 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。 すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、 […]

Read more

作詞・作曲 窪田 聡 1. 母さんは夜なべをして 手袋編んでくれた “木枯らし吹いちゃ  冷たかろうて せっせと編んだだよ“ ふるさとの便りは届く いろりの匂いがした 2. かあさんは麻糸つむぐ 1日つむぐ “おとうは土 […]

Read more

だれも新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、新しいぶどう酒は皮袋を張り裂き、ぶどう酒は流れ出て、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れなければなりません。(新約 […]

Read more

「私は裸で母の胎から出て来た。 また、裸で私はかしこに帰ろう。 主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。 (旧約聖書ヨブ記1章21節)   日本に大きな災害が訪れて来る時代です。 しかし、「危機」をして […]

Read more