投稿者: HKC

彼は次のように言った。 「主はこう仰せられる。『この谷にみぞを掘れ。みぞを掘れ。』 主がこう仰せられるからだ。 『風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、獣もこれを飲む。』 […]

Read more

あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。 あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。 すべて、羊も牛も、また、野の獣も、空の島、海の魚、海路を通うも […]

Read more

作詞 堀内敬三 作曲 ヘイス 1. 木枯らしとだえて さゆる空より 地上に降りしく 奇(くす)しき光よ ものみないこえる しじまの中に きらめき揺れつつ 星座はめぐる 2. ほのぼの明かりて 流るる銀河 オリオン舞い立ち […]

Read more

ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、男子の初子(イエス・キリスト)を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。 宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で […]

Read more

ほ ほ ほたるこい あっちの水は 苦いぞ こっちの水は 甘いぞ   ほ ほ ほたるこい 山道こい 行燈(あんど)の光を ちょぃと見てこい 「ほたるこい」の歌を聞くと、父の里に遊びに行った時の事を思い出します。 山奥の田ん […]

Read more

もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。 (新約聖書ヨハネ第一の手紙1章9節)   日本の夏、金鳥の夏、本番です。 7月の或 […]

Read more

主はこう仰せられる。 「四つ辻に立って見渡し、昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。」 (旧約聖書エレミヤ書6章16節)   今年に入ってから予想だにしなかっ […]

Read more

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。(新約聖書ヨハネの福音書1章4.5節) 起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているから […]

Read more

イエスは言われた。 「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」     […]

Read more

作詞 茶木 滋 作曲 中田喜直 1. めだかの学校は 川のなか そっとのぞいてみてごらん そっとのぞいてみてごらん みんなで おゆうぎ しているよ 2. めだかの学校の めだかたち だれが生徒か 先生か だれが生徒か 先 […]

Read more