カテゴリー: 日本の四季の旅

1.名も知らぬ 遠き島より   流れ寄る 椰子の実一つ   故郷(ふるさと)の岸を 離れて   汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき) 2.旧(もと)の木は 生いや茂れる   枝はなお 影をやなせる   われもまた 渚( […]

Read more

作詞 江間章子 作曲 中田喜直 1.夏がくれば 思い出す   はるかな尾瀬 遠い空   霧の中に うかびくる   やさしい影 野の小   水芭蕉の花が 咲いている   夢見て咲いている 水の辺(ほと)り   石楠花(しゃ […]

Read more

作詞 武島羽衣 作曲 滝廉太郎 1. 春のうららの隅田川 のぼりくだりの 舟人が 櫂のしずくも 花と散る ながめを何に たとうべき 2. 見ずやあけぼの つゆあびて われにもの言う 桜木を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われ […]

Read more

作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 1.菜の花畠に 入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし 春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて にほひ淡し 2.里わの火影も 森の色も 田中の小路を たどる人も 蛙のなくねも かねの音も さ […]

Read more

作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一 1.兎追いしかの山   小鮒釣りしかの川   夢は今もめぐりて   忘れがたき故郷 2.如何に在ます父母   恙なしや友がき   雨に風につけても   思い出ずる故郷 3.志をはたして   […]

Read more

1. 燈火ちかく衣縫う母は 春の遊びの楽しさ語る 居並ぶ子どもは指を折りつつ 日数かぞえて喜び勇む 囲炉裏火はとろとろ 外は吹雪 2. 囲炉裏の端に縄なう父は 過ぎしいくさの手柄を語る(過ぎし昔の思い出語る) 居並ぶ子ど […]

Read more

作詞 高野辰之作曲 岡野貞一 1.秋の夕日に 照る山紅葉  濃いも薄いも 数ある中に  松をいろどる 楓や蔦は  山のふもとの 裾模様 2.渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉  波にゆられて 離れて寄って  赤や黄色の 色 […]

Read more